スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映像系用語

最近やたらaviに悩まされるのでデータの圧縮関連の用語調べてみた。
メインはレンダリングとエンコードとコーデック。
※参考:wikiと『IT用語辞典e-Words』(http://e-words.jp/)←ココ超便利!

■レンダリング(rendering)
数値データとして存在している物体や図形を計算によって画像化(可視化)すること。
(exp.HPのHTMLデータをWebブラウザが解釈して画面に表示させることもレンダリングという。)

使用される場面によって意味は複数あるが、AEやPreで「レンダリングする」という場合は、
デコード(復号)とエンコード(符号化)の過程のことを指す。

■エンコード(encode)~符号化
情報を一定の規則に従ってデータに置き換えたり、ある形式のデータを別の形式のデータに変換すること。
ざっくり言うと、音声や動画などをコーデックを用いて圧縮すること。
(※もしくは情報秘匿のための暗号化のこともエンコードという。)
エンコードされたデータをエンコード前の情報やデータに戻すことをデコード(decode 復号)という。

■コーデック(compressiondecompression)~圧縮伸張プログラム
データを圧縮(エンコード)・伸張(デコード)するソフトウェアの総称。

【まとめ】
『エンコード(符号化)』する = 圧縮する ⇔ 『デコード(復号)』する = 圧縮を元に戻す

                  ↑『コーデック』を使用↑

             以上2つの工程を合わせて『レンダリング』


◆おまけ!
どこかで聞いたことのある『ロスレス圧縮』について…

◆ロスレス(lossless)圧縮
可逆圧縮とも呼ばれる。元のデータに完全に復元できる圧縮方法。
まぁ…英語の意味そのままなんだけど。。
反対語は非可逆(lossy)圧縮。
こちらは元のデータには復元できない処理を施す代わりに高い圧縮を行う。
画像のサイズを小さくする、動画のフレームレートを下げるなども一種の非可逆圧縮といえる。

一旦終わり!
スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

中の人

hou

hou
熱しやすく燃え尽きやすい。
絵を描くよりソフトいじる方が好き((
※所在は「ここのこと」参照。

いざ防衛戦!

nori.gif

ニコマイリスト

サイト内検索

Copyright © hou
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。